スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

  • -
  • -

ハーレーのマフラー交換してみたよ!(取り付け編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
キタキター!
Vance&Hines Shortshots Staggered Exhaust Black
(バンスアンドハインズ ショートショット スタッガード エキゾースト)

ようやく注文してたマフラーが届きましたyp!!!



うほーい

開けて更にwktk
黒いヒートガードがニクい。渋い。かっこいい。


純正マフラーの取り外しは、前回やったので
とりわけスムーズに作業できた。


こっからが未知。
付属の説明書は英語表記なので、なんとなくで理解…。


とりあえず純正のマフラーステーを外す。



付属の専用ステーがここに付きました。
付属のボルトでバッチリ固定。

さてマフラー側はというと


このような付属品が付いております。
(ボルト類は、もう1セットある)



こういうことね!
裏側のケースのような部分に、メガネパーツがスッと入り込む。
この部分と、バイク本体に取り付けたステーが接続されるというワケですな。


そしてエンジンとの接続部分に、しっかりシリコンガスケットを塗りぬり。


念の為、固定後の隙間にも。
どう見ても塗りすぎwwwwwwww
余計に付いた部分は拭き取る。
ナットを仮締めしとく。


※ここで注意点
マフラーガードは、先に付けておくべし!


ちゃんとフランジへのアクセスも可能。
(純正のはイチイチ外さないとなんだけどなあ)


最後に、本体ステーとさっきのメガネパーツ部分を、裏からボルトで固定する。
フランジのナットを本〆を忘れずに。



↑純正マフラー


作業終了ー!

短い!軽い!黒!カコイイ!!

そしてエンジンかけてみて超ビツクリ!

ドッカンドッカンと腹に響く大爆音。
思ってた以上の音量だ。
…ツーリングの日の朝イチで、さすがにこれはヤバイかも。
坂の下の大通りまで行ってエンジンをかけることにしよう。


JUGEMテーマ:Harley-Davidson


■関連記事
 マフラーを交換したい!だから取り外してみた。
 Vance&Hines クワイエットバッフルに取り替える。

ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

  • -
  • -

コメント

コメントする








   

PR

旅のお勧め宿


トップヘ戻る