スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

  • -
  • -

冬真っ盛りでもバイクに乗りたくなる、効率の良い防寒対策のカイロの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加


寒くなるとどうしてもバイクから遠ざかってしまう件。
着膨れすると動きづらい、かと言って油断すると寒さで感覚が鈍って超危ないですね。

と思ったので、身体の中から温かくなればいいんじゃね?ってことで、もっとも効率の良い防寒対策を調べてみた。

使い捨てカイロを最適な場所に貼る!

※使い捨てカイロは温度調節ができない為、低温やけど防止に衣類の上から貼るほうがいいよ!

カイロを貼るのに効果的な場所とは、ずばり大きな血管が通っている場所とのこと。
カイロで血管内の血液を温めれば、温まった血液が体内を循環するので全身が温まる、というワケですな。


1.上半身は、肩甲骨に貼る

肩甲骨の間の中心部に貼ると、肩の周りの筋肉がほぐれ、血の巡りが良くなるそうです。
首、肩、その先まで温かさが伝わるので、上半身はこれでポカポカ。
頭痛や肩こりの人にもオススメ。


2.下半身は、脚の付け根に貼る

脚の付け根(そけい部)には大きな血管が通っているので、ここが温まれば下半身に向かう血液が温まります。
しかし、この場所は皮膚が薄くて弱い場所。
低温やけどに注意するべく、インナーを着ておきたいところ。
もしくは、温度調節機能のついたハイテク携帯カイロをオススメします。

そけい部の詳しい説明


という訳で、コンビニでも手軽に手に入る使い捨てカイロをうまーく使って、自分も真冬のツーリングを楽しもうと思います!
だがしかし、冬の峠なんかは、昼間でも路面が凍ってたりするのでスリップに超注意。
去年の正月に箱根で壮絶にスリップしたのは秘密♪




ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

  • -
  • -

コメント

コメントする








   

PR

旅のお勧め宿


トップヘ戻る